トップページ > 刊行物 > 金子大榮 著書

金子 大榮 (かねこ だいえい)
明治14年(1881) 新潟県高田市に生まれる。
明治32年(1899) 真宗大谷大学卒業。
大正5年 (1916) 真宗大谷大学教授。
昭和5年 (1930) 広島文理科大学講師。
昭和16年(1941) 大谷大学(前真宗大谷大学)教授を経て、同名誉教授となる。
『大無量寿経講話』ほか、多くの著書がある。
昭和51年(1976) 10月20日逝去。享年96歳。

阿弥陀経・正信偈講話(あみだきょう・しょうしんげこうわ)

念佛の日常的意義が顕されている本書で、著者は現代に於ける真宗の在り方を説く。

B6判 400頁 定価/2,381円(税別)(※ただいま品切れ中)

観無量寿経講話(かんむりょうじゅきょうこうわ)

【※新装ソフトカバーで05年に再版しました】

著者が、数多い著作の中で会心のものと答える本書は、浄土教を領解する最上のものである。

B6判 500頁 定価/2,381円(税別)

大無量寿経講話(だいむりょうじゅきょうこうわ)(上・下)

【※新装ソフトカバーで08年に再版しました】

真実の教えを顕すものは大無量寿経であると説かれた親鸞聖人の教えが深く語られている。

B6判 上 384頁・下 484頁 定価/2,381円(税別)

歎異抄領解・歎異抄聞思録(たんにしょうりょうげ・たんにしょうもんしろく) 上

現代人が最も親しみをもって接する歎異抄を、著者は深く掘り下げて語る。

B6判 340頁 定価/2,381円(税別)(※ただいま品切れ中)

歎異抄聞思録(たんにしょうもんしろく) 下

この身は限りあるも、心は永遠無限に通ずるものである。その意を歎異抄は、深く追究する。

B6判 400頁 定価/2,381円(税別)

人・佛(ひと・ほとけ)

人を通して佛を語り、佛を通して人を語るそこには親鸞聖人の教えが如実に述べられる。

B6判 450頁 定価/2,381円(税別)

ありがたさについて

ありがたさとすまなさを宗教の根源にすえて、求道の生活を歩みつづけた碩学の随想集

B6判 228頁 定価/2,000円(税別)

雑想観(ざっそうかん)

坂東報恩寺の「開神」に執筆された、戦前・戦後の著者の手筆原稿をそのまま写真版にしたもの。

A5判 204頁 定価/3,000円(税別)

念佛(ねんぶつ)と人生

念佛と人生を生涯のテーマとした、卓越した求道者によって語られた人生に光を与える真実の言葉。

B6判 138頁 定価/1,000円(税別)

凡夫(ぼんぷ)のさとり

光と闇をみつめつづけた著者が、凡夫の自覚を通して佛の世界を讃嘆する。

B6判 234頁 定価/2,000円(税別)

光輪鈔(こうりんしょう)

著者が一生の領解を要約された貴重な遺文。(あとがき=加藤辨三郎・在家仏教協会初代理事長)

A5判 44頁 定価/700円(税別)

 

刊行物